おくのカブ道・原付日本一周/旅日記

一眼レフを持ってリトルカブに乗り、日本一周挑戦しています!そんな大学生の旅日記。

33日目 長い通学路/国宝天守閣 <滋賀→岐阜→愛知>

今日の1枚

f:id:okuvel_jp:20180929140203j:image

滋賀県豊郷小学校

 

今日の移動

 

今日の出発点 滋賀県 ネットカフェ コミック広場甲西市

f:id:okuvel_jp:20180929161825j:image

ナイト固定9時間 1280円は安い!しかも200円は入会金込みで!

ブースの仕切りは低いなぁと思ったが大した気にしてないので、、、、

 

第1チェックポイント 安土城跡ガイダンス・休憩所/城なび館

f:id:okuvel_jp:20180929144124j:image

いや、間違ったよ。本当は安土城城郭資料館に行きたかったのに目的地の設定を間違えた。

しかも、ここの問題点を挙げればキリがない。気になる人はGooglemapのレビューを見てほしい。クチコミ26件、星2.2笑

 

個人的に簡単にまとめると、安土城織田信長について気軽に質問できるおじさんがいる施設。200円。

 

いろんな意味で面白かったよ。時間とお金を返せ!って言いたいけれど自分のミスなのでなんとも、、、、悔しい。

私は利用していないがトイレだけの利用も200円なんだとか笑

展示物は6分の城紹介VTRと1/7天守ひな型だけ。

次に行くのは本命の安土城郭資料館の簡単な予習にったので、、、って割り切る涙

 

 

2チェックポイント 安土城郭資料館

f:id:okuvel_jp:20180929144243j:image

ここだよー!ここ!ここ!(*´∀`)♪

ここでは安土城観音寺城2つの100名城スタンプを押すことが出来る!

クチコミ118件 星3.6

明らかにさっきのところがおかしいってわかる。でもさっき、おじさんと織田信長安土城の話を聞いたからここで学ぶことの予習は出来ている笑

大学生150円・安土城ひな型1/20・駅直結・映像解説あり


f:id:okuvel_jp:20180928223929j:image

f:id:okuvel_jp:20180928224810j:image

f:id:okuvel_jp:20180928224839j:image

なんといっても、このひな型は分離式で内部構造を見ることが出来る。

館内は希望しなくとも、係員解説→映像解説→係員解説→ひな型の分離→展示物の拝見という流れが確立していた。高校の学校祭にある、しっかりと作られたクラス企画みたいな感じでした笑

 

安土城については設計図らしきものはあるが、安土城と確定出来る証拠がないらしい。なので、ひな型は作製されているが現地の天守閣復元には至ってない。国からの許可が出ないらしい。

城跡地の柱の礎石と設計図面の柱の位置は一致するらしいが、それは証拠にならないみたい。

古文書によると織田信長安土城が描かれた屏風絵をローマのバチカンに送ったらしい。その屏風はバチカン眠っているはずだが、見つかっていないとのこと。

もし、それが見つかり、このひな型と同じ形であれば安土城復元の可能性が高いらしい。なかなか面白いなぁ〜!

 

安土城は原因不明の失火で焼失。近世の城郭は安土城の影響を受けていると言われているが、こんな六角形の天守なんて前例は無いし、本当にこれなのか自分は少し疑っている。それでもやはり有力な説であるらしく、いかにも織田信長は奇想天外な人物だったとわかる。

あと、安土城には座間や石落としなど防御設備はほとんど存在しない。資料館の人と話していると「やはり信長は慢心していた」と思うとのこと。だから本能寺で明智にサクッとやられたのだと推測でした。城を見て、織田信長の性格や歴史が紐解ける感じがとても面白かった!!

 

また織田信長が相撲を見るために東西に分けたことがきっかけで、この地に名字として東さん、西さんがいるという伝説もある。

 

 

第3チェックポイント 豊郷小学校


f:id:okuvel_jp:20180929163813j:image

北海道から登校して33日目!

中学2年からの憧れで8年越しに叶った夢。

 

けいおん聖地巡礼

f:id:okuvel_jp:20180929010909j:image

f:id:okuvel_jp:20180929125631j:image

f:id:okuvel_jp:20180929125718j:image

うさぎとかめ。作中にも何度も出てたね!

f:id:okuvel_jp:20180929145921j:image
f:id:okuvel_jp:20180929145926j:image
f:id:okuvel_jp:20180929125852j:image

f:id:okuvel_jp:20180929145709j:image
f:id:okuvel_jp:20180929145701j:image
f:id:okuvel_jp:20180929145713j:image
f:id:okuvel_jp:20180929145705j:image

f:id:okuvel_jp:20180929145815j:image
f:id:okuvel_jp:20180929145721j:image

この空間に1人で居られることに感動。中2の頃の自分に伝えたい。でも、今だからいろいろ思い返した感動があるのかも、、、

アニメで感動、実際に訪れて感動、、、

この作品に出会えて、今日こうやって来ることが出来て良かった!

 

f:id:okuvel_jp:20180929162437j:image

f:id:okuvel_jp:20180929162625j:image

なんか名刺フォルダーがあったので自分の旅人名刺を入れてきたよ!

おくという名を刻んできた笑

これ本当に置いてきていいのか疑問になったが、それはもう大層な量の名刺があったので便乗笑

聖地巡礼ノートもこんなにあるなんて、、、流石やわ、、、

 

とても満足したところで出発準備をしていると、ほいこーろーさん(Twitter @0wj5cf103251)「頑張って下さい!」と声を掛けていただき、トンちゃん(作中に登場するスッポンモドキ)のパンまでも頂いてしまいました。


f:id:okuvel_jp:20180929163918j:image

本当にありがとうございます!栄養はとても嬉しいのです✨(*´∀`)♪

 

けいおん!見返したい。そんな時間が無い、、、〉

 

第4チェックポイント 国宝 彦根城

ここでいろいろ今後の時間を確認する。

どうしても、犬山城にも行きたい。しかし、時間がギリギリだし彦根城をスタンプだけで済ませるのは違う。

苦渋の決断。彦根城散策は走る!🏃💨笑

どんなに疲れてもこれが1番後悔しないと思った。

通常お城と庭園を見て回るのに1時間半ぐらいとのこと。そこを私は彦根城、玄宮楽々園、100名城スタンプ、マンホール2枚を1時間で済まそうというおかしな計画となる。

 

解説のボードは一切読まず、写真を撮りパンフレットにあるアングルの写真を収め、、、、結局1時間半で、、、疲れました笑


f:id:okuvel_jp:20180929135628j:image

 国宝の天守閣 

天守閣が国宝を受けているのが彦根城と姫路城、松江城松本城犬山城の5つのみ。

f:id:okuvel_jp:20180929153747j:image

彦根城 天守閣から。

目の前に見えるのは海ではなく琵琶湖だねぇ〜

『ろくろ首(面積669km2)もびっくりの琵琶湖フヒヒ(周囲277km)』

琵琶湖を見る度にこれがよぎる。水曜どうでしょう恐るべし。

 

f:id:okuvel_jp:20180929135724j:image

良い感じの堀と彼岸花


f:id:okuvel_jp:20180929164054j:image

f:id:okuvel_jp:20180929164151j:image

4代目藩主 井伊直興により造営された玄宮楽々園。

駆け足で散策する。

 

f:id:okuvel_jp:20180929150229j:image
f:id:okuvel_jp:20180929150225j:image

近くの四番町スクエアというお土産屋さんではひこにゃんがこれでもか!ってぐらいいました笑

f:id:okuvel_jp:20180929152811j:image

ここで彦根市マンホールカードを配布している!いや、可愛いな、お主。

 

徳川家康は信頼を置いていた井伊直政のために彦根城を築こうとしたが、関ヶ原合戦の影響で直政は死去。その意思を継いで子・直継は彦根に場所を定め、慶長12年(1607)に天守が完成した。

 

道中 滋賀県 岐阜県 愛知県の県境を通過f:id:okuvel_jp:20180929140031j:image

滋賀ー岐阜県

岐阜ー愛知県境は急いでいたので撮っていません。

 

聖地巡礼でもなんでもないが、看板を貼っておく!

f:id:okuvel_jp:20180929152914j:image
f:id:okuvel_jp:20180929152911j:image

f:id:okuvel_jp:20180929152917j:image 

ちなみにこれ等を見て私は「おぉー!」ってなっています笑

同じく、「おぉー!」ってなった人は仲間だね笑

 

 

第5チェックポイント 国宝 犬山城

f:id:okuvel_jp:20180929153146j:image

国宝 犬山城 天守

望楼型が続くとテンション上がるね。入母屋破風、唐破風!!

城用語に詳しくなってきている笑

f:id:okuvel_jp:20180929153413j:image
f:id:okuvel_jp:20180929153417j:image
f:id:okuvel_jp:20180929153421j:image
f:id:okuvel_jp:20180929153425j:image

城内の写真

f:id:okuvel_jp:20180929153608j:image

天守閣からの景色 ちょうど夕陽頃で和歌山城の時を思い出した。

また木曽川が天然の堀になっているのがよくわかる。

 

犬山城織田信長の父、織田信康が築城。天正12年(1537)には小牧・長久手の戦いでは豊臣秀吉が入城し、小牧山に布陣する徳川家康と戦った。

 

 

 

今日の終着点 愛知県春日井市の叔父さんの家

春日井市の親戚一同が集まって頂き、総勢9人が歓迎してくれることに!

大量のお寿司や味噌カツも頂きました。

そしてベッドで寝るのは福岡県久留米市以来。

 

しっかり休むことが出来ました✨

感謝しかありません!(ノ_<。)